BLOGブログ

トップページ > BLOG > フローリングの重要性

2020.08.31

フローリングの重要性

こんにちは。 KENSO 上田建装社の宮下です。

今回は、お客様から良く聞かれる床材についてお話します。

一般的に住宅に使用されるフローリングは、大きく分けると無垢材フローリングと合板系フローリングの2種類に分類されます。(それ以外にも、下地は合板で表面の面材だけが無垢材を貼っている3層フロアもありますが)

合板フローリングは、年々改良され表面の加工処理なども良くなり、見た目も本物の無垢フロアーのように見えるものなども出てきています。表面は無垢材より硬く、傷がつきにくくなっていますので、傷つきにくい、また、無垢材フローリングより安価で施工性が良く、均一性があるのもメリットかと思います。

無垢フローリングは、樹種によって硬い材(ナラ、タモ、サクラ、チークなど)、比較的柔らかい材(桧、松、杉など)と様々ですが、全般的にいえるのは、木の本来の温かみを感じられます。また、年月が経過してもしっかりメンテナンスする事で、いい表情がでて親しみが沸いてきます。デメリットとすると、合板フロアーに比べ傷がつきやすく、1枚1枚のフロアーの巾も季節によって変化するので、多少の隙間ができる事があります。

無垢のフロアーと合板のフロアーとどちらが良いかと聞かれる事が多いですが、弊社では無垢材のフローリングしかお勧めしません。

なぜかといいますと

合板フローリングのほうが傷はつきにくいですが、傷ついてしまった場合の補修が難しいこと。また年数が経てば経つほど、劣化する一方です。それに比べ、無垢材のフローリングは経年変化が楽しめ、年数が経ってもいい表情がでてきます。傷などはつきやすいですが、気になるようでしたら、何年かに一度全体をサンダー掛けして、再塗装すると再生します。年数が経ち、色合いも変化した味わいのある床を楽しんでいただきたいと思います。壁、天井の仕上げは、クロス貼りであっても塗り壁であっても、貼り替え、塗り替えが可能ですが、床材は住みだしてから張り替えるのは、費用的にも負担が大きく、簡単に模様替えとはいきませんので、フローリングの選定はとても重要となります。そんな理由もあって、最初から無垢フローリングをお勧めしています。また、無垢材といっても、樹種によって表情が全然ちがいますし、床材の選定によって部屋全体のコーディネートも変わります。そんな事で、お客様のお好みの雰囲気をお聞きし、床材もご提案させていただきます。

弊社モデルハウスの北海道産のナラ材のフローリング

 

 

 

 

上田市・坂城町・千曲市・東御市・小諸市で新築住宅・注文住宅・リフォーム・リノベーションなら
和風住宅やモダン住宅など、KENSOは自分らしい家づくりをお手伝いしている工務店です。
KENSO 株式会社 上田建装社
長野県上田市中之条382-4 TEL 0268-22-9692/ FAX 0268-24-7602

WORKS

上田市 / 注文住宅

SLOW HOUSE

VIEW MORE
  • 上田市 / 注文住宅

    陽向の家

    VIEW MORE
  • 上田市 / 注文住宅

    和音の家

    VIEW MORE
  • 上田市 / 注文住宅

    温もりが灯る家

    VIEW MORE
  • 上田市 / 注文住宅

    家族を想う家

    VIEW MORE
VIEW WORKS

スタッフ

上田建装社-上田市で注文住宅をお考えなら、安心の地元工務店-のスタッフ

住まう人を一番に考え、大工が
一棟ずつ真心を込めて
お客様の家を作る工務店です。

お問い合わせ・資料請求

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

0120-22-9690